1回目の訪問ありがとうございます。

ダイエットPart 1(保健師からの出題)

正しい方法で行うダイエットを身につけましょう。正しくきれいに痩せることで、いつまでも若々しく理想的なプロポーションを保つことにつながります。

第1問 : 食事

健康的なダイエットのための食事で正しいのはどれ?

×
正解は全体量を減らす
バランスのよい食事をとりながら、全体量を減らすことで、体に必要な栄養素をとることができ健康的なダイエットにつながります。

第2問 : ダイエットの弊害

十分な栄養をとらずダイエットを続けるとどうなる?

×
正解は貧血になる
極端なダイエットを続けると体に必要な栄養素が不足し、心や体に負担がかかってきます。貧血や血糖値がさがる、脱水、皮膚の変化、女性は生理が止まるなどです。この他、イライラしたり不安な気持ちになることもよくあります。ることもあります。

第3問 : リバウンド

ダイエットのあとリバウンドをしました。何が増える?

×
正解は脂肪
ダイエットを続け、リバウンドを繰り返すと脂肪が増えます。リバウンドしないように工夫することは理想的なプロポーションを保つ秘訣です。

第4問 : 目標体重

まずは今の体重からどのくらい減らすとよい?

×
正解は3~5%減らす
まずは、今の体重の3~5%を減らすよう目指しましょう。ただし、標準体重を下回っている場合には、極端に体重を減らす必要はありません。

第5問 : 減量期間

減量する期間で一番理想的なのはどれ?

×
正解は6ヵ月など比較的長く地道に取り組む
短期で行うことで、必要な栄養素がとれず、結果として体と心に極端に負担がかかります。1ヵ月1~2㎏を目安に半年くらいかけてじっくり取り組むとリバウンドも起こりにくいです。

第6問 : 体重測定

体重測定を行う間隔は?

×
正解は毎日
毎日体重を測定することで、日々の変化がわかりやすく体重を管理しやすくなります。毎日同じ条件で測定し、記録するとより減量の近道になります。

第7問 : 食事の回数

一日の食事回数は何回が痩せやすい?

×
正解は3回食事をする
一日の食べる回数は3回が理想的です。食事の間隔はできるだけ均等にしましょう。欠食は体に脂肪を蓄えやすくなるため、避けるようにします。朝をしっかりとり、夕食は軽めが減量しやすいです。

第8問 : 間食

間食をする場合、遅くとも何時までとるとよい?

×
正解は18時
間食を取らない方がよいですが、どうしても取る場合には遅くとも18時までにしましょう。

第9問 : 間食のカロリー

間食のカロリーで適切なものはどれ?

×
正解は100カロリー
どうしても間食する場合には100カロリー以内に抑えるようにします。一食当たりの食事量を減らしても間食が増えてしまっては元も子もないです。

第10問 : 間食の種類

間食の種類で避けた方がよいものはどれ?

×
正解はデニッシュパン半分
デニッシュパンは脂肪分が多く高カロリーのためダイエットには向きません。果物ならたとえばりんご半分程度、個包装のお菓子はカロリーがわかりやすく食べすぎを防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

answer1
2
answer2
4
answer3
8
answer4
12
answer5
14
answer6
18
answer7
21
answer8
24
answer9
25
answer10
28