さくらんぼの愛称

山形県クイズ 第5問

問題

くだもの王国山形の『さくらんぼ』は、その可憐さからある愛称で県内外で親しまれています。次の内どれでしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 白い恋人
  • 【2】 小さな恋人
  • 【3】 赤い恋人

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】小さな恋人

くだもの王国山形で、その可憐さから「小さな恋人」の愛称で県内外で親しまれているさくらんぼ。西アジア原産といわれるさくらんぼが、県内に伝えられたのは明治9年。当時の内務省がアメリカやフランスから輸入した苗木を、山形市や米沢市などに植樹したのが始まりとされています。

「ナポレオン」「シャボレー」「紅秀峰」など、さまざまな品種があるさくらんぼですが、人気ナンバーワンは「佐藤錦」。粒の大きさと、さわやかな甘さが特長です。平成17年の山形県のさくらんぼ生産量は13,200トン。圧倒的なシェアで全国第一位となっています。

★参考:
やまがたへの旅