スターバックスの取り組み

エコクイズ 第16問

問題

スターバックスの環境への取り組みに関するクイズです。適切な森林管理を行う林業者の支援、世界の森林保全への貢献を目指し、持ち帰りの際のペーパーバッグに使用されている素材は次の内どれ?

ヒントを開く

  • 【1】 折り紙
  • 【2】 プラスチック
  • 【3】 間伐材
  • 【4】 認証紙

正解は↓↓こちら!

正解と解説

【4】認証紙

持ち帰りの際のペーパーバッグをはじめ、主な紙資材には適切に管理された森林から生産された認証紙を使用しています。認証紙の元になる木材が育てられている森は「法律や国際的な取り決めを守っているか」「多くの生物がすむ豊かな森か」「森の周りで暮らす人や森で働く人に十分な配慮がされているか」などの項目で厳しい審査を経て認証された森です。認証紙を使用することで適切な森林管理を行う林業者の支援、世界の森林保全への貢献を目指しています。

FSC認証紙(森林認証紙)とは?


FSCの森林認証制度は、「森林の管理や伐採が環境や地域社会に配慮して行なわれているかどうか」を評価・認証し、そうした森林に由来する製品(適正管理された森林木材による製品)であることを証明するものです。つまり、消費者がFSCロゴマークのついた製品を選ぶということは、適切な森林管理を行なっている林業者を支援し、「地球環境を考えない違法伐採による木材製品は使いません!」という意思表示となり、ひいては世界の森林保全に貢献することに繋がります。

紙の原点となる森林そのものを資源ととらえ、環境保全と経済の両面を考慮した持続的な利用で「資源循環型の社会形成」を目指すこのシステムは、「森のリサイクル」として世界最大の民間自然保護団体「世界自然保護基金(WWF)」をはじめ、さまざまな環境保護団体の支持を集めています。

FSC(R)(森林管理協議会)について


木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関です。その認証は、森林の環境保全に配慮し、地域社会の利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材に与えられます。このFSCのマークが入った製品を買うことで、消費者は世界の森林保全を間接的に応援できる仕組みです。

★参考:スターバックス 環境への取り組み

この解説は役に立ちましたか?→

検定・雑学クイズに参加してみよう