【クイズの解説】夜間の住宅街での危険予測トレーニング

交通安全クイズ 第228問

Quiz問題

アニメーションをご覧ください。あなたは夜間、住宅街を車で帰宅しています。今回のシーンで最も大きな危険が潜んでいたのは?

危険予想トレーニング59

ヒントを開く

  • 【1】 左側の女性歩行者
  • 【2】 電柱の陰にいる人
  • 【3】 対向車のトラック

正解は↓↓こちら!

チョーク1チョーク2チョーク3黒板消し

正解と解説

【2】電柱の陰にいる人

電柱の陰から高齢者が出てきたため、危うく事故になるところでした。

夜間は視認性が低下し、歩行者などの発見が遅れがちです。とくに黒や紺など暗めの色の服を着た歩行者の場合、暗がりと同化してしまうため、接近するまで認識できません。夜間対向車とすれ違う場合、対向車のライトで眩惑され、対向車の前方や後方を横断する歩行者が見えづらくなります。夜間も昼間と同じ感覚で走りがちになりますが、昼間より速度を落として走りましょう。

また、夕方から夜間は通勤や通学で自転車を使う人も多く、なかにはライトを点けずに右側通行する自転車も存在します。自転車は速度が出ているぶん接近するのも早く、少しでも早く発見できることが大切ですので速度を落として走行しましょう。

★参考:夜間の住宅街での危険予測トレーニング|HONDAの交通安全

この解説は役に立ちましたか?→

危険予測トレーニング