【クイズの解説】高速道路のトンネル出口での危険予測

交通安全クイズ 第224問

Quiz問題

ヒントページのアニメーションをご覧ください。あなたは高速道路のトンネルを通過しようとしています。今回のシーンで危険を察知するのに最も大きなヒントになっていたのは次のうちどれ?

ヒントを開く

  • 【1】 出口の吹き流し
  • 【2】 前方のトラック
  • 【3】 右側の白い車

正解は↓↓こちら!

チョーク1チョーク2チョーク3黒板消し

正解と解説

【1】出口の吹き流し

トンネルを出たら横風にあおられ、ガードレールに接触しそうになりました。

高速道路走行中に「吹き流し」が真横になびいている場合は、その場所でおおよそ風速10m以上の風が吹いている事になります。台風の前後は風が強いことが多いので、吹き流しや道路情報板で風速を確認するようにしましょう。

トンネル出口や橋の上、山間部、ビルの谷間は風が強い!


台風の風は陸上の地形の影響を強く受けます。入り江や海峡、岬、谷筋、山の屋根などでは風が強く吹きやすくなります。道路上では橋の上やトンネルの出口で強風にあおられるなど、局地的に風が強くなることもあります。

そのような場所には「横風注意」の警戒標識が設置されてることが多いので、警戒標識を確認したら速度を抑えて走るするようにしましょう。高速道路を走行する時には、事前に道路情報板やハイウェイラジオなどで天気情報を確認する事が大切です。

最小限の操作で対処する


今回のように、トンネルの外で強い横風を受けた場合、大きく進路が乱される可能性があります。風による影響を小さくするためもトンネルを出る前に速度を落とし、できるだけ車線の真ん中を走行するようにしましょう。

強風にあおられても急ハンドルや急ブレーキは禁物です。高速走行中に急な操作をするとバイクが不安定になり、とても危険です。無理のない範囲で上体を伏せて、ハンドルをしっかり握り、しっかりニーグリップを行って、身体を安定させましょう。

★参考:高速道路のトンネル出口での危険予測

この解説は役に立ちましたか?→

危険予測トレーニング