高齢者の視覚特性

介護クイズ 第19問

問題

視力の低下は、40〜50歳ぐらいから始まり、60歳を超すと急激に低下します。70歳代では、20歳代における最高の視力の1/2程度まで低下すると言われています。
では、目の水晶体の黄色化や白濁を伴う「白内障」の症状がみられるのは80歳代で何%?

ヒントを開く

答えを選択回答↓

ヒントを見てから回答してね!