フルーツ特産品「ル レクチエ」

新潟県クイズ 第4問

問題

新潟県の特産品「ル レクチエ(西洋梨)」は、生産者の「○○の技術」と食べる人の「食べごろの見極め」が重要です。

ヒントを開く

  • 【1】 追跡
  • 【2】 追熟
  • 【3】 追証

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】追熟

西洋梨の中でも芳醇な香りと優雅な甘さを誇る「ル レクチエ」。全国のル レクチエ生産量のうち新潟県産が約9割を占めます。  数ある西洋梨の中でも最高の味と香りを誇るル レクチエは、1903年頃、小池左右吉氏がフランスから取り寄せて栽培を始めたのが日本で最初です。高級感あふれるル レクチエは贈りものとして最適の果物ですが、消費者の方々に最高の状態で味わっていただくために繊細な取扱が求められます。

ル レクチエは、収穫後一定の温度で寝かせることによって、より糖度も上がり肉質もなめらかになります。これが「追熟」と呼ばれる大切な期間。ル レクチエの「なめらかで」「甘く」「香りの高い」「輝く黄色」などの特徴は、追熟によって完成されています。

徐々にキレイなブライトイエローに変わっていって、甘い香りが漂い、指で軽く押してみて柔らかくなってきたら食べ頃です。

★参考:JA羽茂