戦国ロマンの旅

山梨県クイズ 第1問

問題

山梨は、産業振興・治水事業など領国経営にも力を注いだ○○○○ゆかりの地。戦国ロマンの旅があなたをまっています。さて、○に入る武将は?

ヒントを開く

  • 【1】 織田信長
  • 【2】 武田信玄
  • 【3】 豊臣秀吉

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】武田信玄

1519年、武田信虎が現在武田神社のあるつつじヶ崎に館を移し、領国経営をはじめたのが甲府の街の始まりです。

信虎公の後、甲斐国主となった信玄公は、無敵を誇った武田騎馬軍団を率い、現在の愛知県、岐阜県にまで及ぶ広大な範囲に領土を広げ、その優れた兵法と巧みな外交戦術により、戦国最強の武将と評されました。

信玄公はまた産業振興、治水事業など領国経営にも力を注いだため、今でも多くの人々に慕われる存在となっています。現在でも、信玄公ゆかりの史跡が山梨には数多く残されています。

遠い昔に想いをはせ、山梨の街や史跡を巡り歩いてみませんか。きっとそこには、戦国ロマンの旅が待っています。

★参考:富士の国やまなし観光ネット