岡倉天心が設計した堂

茨城県クイズ 第5問

問題

日本画家『横山大観』らが思索にふけった場所といわれ、岡倉天心が設計した堂といえば?

ヒントを開く

  • 【1】 一角堂
  • 【2】 三角堂
  • 【3】 六角堂

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】六角堂

明治38年に岡倉天心が設計したもので、「観瀾亭」と名付けられた赤い六角形の堂です。五浦海岸の茨城大学五浦美術館研究所内にあり、天心が思想にふけった場所といわれています。緑の松林を背後に、前には五つの浦がひらけ、太平洋の白波が砕け散るその雄大な姿は、訪れる人々に感銘を与えています。

また、近くには天心記念美術館があり、ゆかりの人々の作品が鑑賞できます。

★参考:観光いばらき