お土産の定番「萩の月」

宮城県クイズ 第4問

問題

宮城県のお土産の定番として知られる『萩の月』。あることにちなんで名付けられました。次の内どれでしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 開発した人の名
  • 【2】 発祥地名
  • 【3】 宮城の県花

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】宮城の県花

萩の月は、オリジナルカスタードクリームをたっぷりと使い、ふんわりとした高級カステラ。 宮城県の県花がミヤギノハギであることにちなんで名付けられました。

仙台銘菓「萩の月」をはじめとする約160種類に及ぶ和洋菓子は、現在、宮城県内はもとより岩手、山形、福島の70店舗で販売されております。

昭和22年に創業した菓匠三全は、世界の食品コンクール「モンドセレクション」に毎年出品しており、これまでも『ロワイヤル・テラッセ』『萩の調』『ら・ふらんすミニ』などが、最優秀賞である特別金賞を受賞しています。

★参考:菓匠三全