自作パソコンの電源選び

BTOパソコン購入クイズ 第3問

問題

自作でパソコンを組む際に、意外と重要なのが電源選び。次の中で「電気の変換効率が良い」電源を選ぶときの目安となるのは?

ヒントを開く

  • 【1】 80PLUS認証
  • 【2】 90V変換
  • 【3】 100%動作認証

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【1】80PLUS認証

 電源はパソコンの隅々まで電源を供給する心臓部のようなもので、実はとても重要なパーツです。日本の家庭用コンセントは交流(AC)100Vですが、パソコン(パーツ群)は、直流(DC)3.3/5/12Vで動作します。つまり、パソコンは電源ユニットによって「交流から直流に変換されて」動作しています。
 最近、パソコンパーツ店などで電源を探しているとよく見かけるものに、「80PLUS」のマークが付いた電源があります。この80PLUSとは、「交流から直流に変換する際の変換効率が80%以上」ということを表わしています。「80PLUS」の認証マークが付いた電源は、電気の変換効率が高く、電気代の節約と環境にもやさしい電源です。
 自作でパソコンを組む時に、劣悪な電源や老朽化した電源を使うと、 パソコン本体やパーツ群の故障の原因となったりしますので、慎重に選びましょう。


★参考: BTOパソコンの老舗「STORM (ストーム)」

検定・雑学クイズに参加してみよう