エレキギターやベースの効果音を出すのは?

楽器クイズ 第36問

問題

エレキギターやエレキベースの演奏時、例えばハード・ロックを演奏する場合など“ドス”の効いた音にするために音を歪ませる効果器をな何という?

ヒントを開く

  • 【1】 チューナー
  • 【2】 メトロノーム
  • 【3】 エフェクター

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】エフェクター

 楽器店のギター・フロアやベース・フロアの一角に、たくさん並んでいる色々な型のエフェクター。まったく使わない人もいますが、エフェクターを使いこなすと、エレキギターやエレキベースの可能性を一気に広げることができます。
 エレキギターやエレキベースは、まずシールドでアンプをつなぐだけでしっかりした音を出すのが基本ですが、プレイヤーや音楽性によっては、それだけでは補いきれない場合があります。それぞれの演奏者が表現したい感情やアイデアは、まさに多種多様です。例えば、ハード・ロックを演奏する場合、クリーン・サウンドよりも歪みが強く、“ドス”の効いたディストーション・サウンドの方が断然それらしくプレイできるはずです。そのためには、音を歪ませるものが必要であり、まさにそれがエフェクター(効果器)なのです。

 山野楽器のオンラインショップなら、演奏内容に合わせた様々なタイプのエフェクターをお求めいただけます。


★参考: 山野楽器/楽器をはじめよう

楽器オンライン通販