フォークギター発祥の国

楽器クイズ 第13問

問題

フォークソングからカントリー、ロック、ジャズにと様々な音楽シーンで幅広く使われているフォークギター。どこの国で生まれたでしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 アメリカ
  • 【2】 イギリス
  • 【3】 ギリシャ

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【1】アメリカ

 フォークギターは、歌の伴奏をする為に、大きな音のするギターが欲しい、という発想から、19世紀後半アメリカで生まれました。

 従来のガット弦を張ったクラシックギターに対して、大きな音が出せるようにスチール弦を張っています。主にプラスチックで出来たピックを使って、ギターをかき鳴らしたり、指でアルペジオといって、分散和音を弾いたりします。文字通り、フォークソングからカントリー、ロック、ジャズにと現代の様々な音楽シーンで幅広く使われているギターです。

 山野楽器オンラインショップでは、お買い上げ合計\10,000(税込)以上で、配送料・代引手数料が無料に。楽器専門店で、安心してお求めいただけます。

★参考: 銀座山野楽器本店 4F「ギターフロア」