インカ帝国時代の都市遺跡

世界遺産クイズ 第1問

問題

標高2400mのアンデス山中で発見された、インカ帝国時代の都市遺跡は次のうちどれでしょう?

  • 【1】 クスコの市街
  • 【2】 マチュ・ピチュ
  • 【3】 ティワナク

正解と解説

【2】マチュ・ピチュ

スペインの侵略から逃れるため!?ナゾの多いインカの空中都市。
標高2500m前後の山頂にあるこの遺跡は、16カ所の水汲み場や水道などが整備され、かつて高度な文明を持つ人々が住んでいたことを物語っている。しかし、これらの大きな石をどのように下から運んだかは不明。遺跡だけでなく、コンドルなどの絶滅寸前の動植物が多いため、複合遺産で登録された。