「汗顔の至り」

日本語クイズ 第49問

問題

次の言葉の使い方として、適切なのはどれでしょう?

〔 汗顔の至り 〕 (かんがんのいたり)

  • 【1】 一時間もバスケットボールを楽しみ汗顔の至りなので、まずはシャワーを浴びたい。
  • 【2】 大人気ない行動をしてしまい、今思い出しても汗顔の至りだ。
  • 【3】 一日中遊園地で遊んでいい思い出ができたので、思い返すたびに汗顔の至りだ。

正解と解説

【2】大人気ない行動をしてしまい、今思い出しても汗顔の至りだ。

 「汗顔」は大変に恥ずかしく思い、顔に汗をかくこと、大変に恥ずかしく感じることを言います。

 ふつう、「汗顔の至り」という形で用いられ、この上なく恥ずかしく感じるという意味で使われます。したがって、【2】が適切な言い方です。

★出題: 日本語を使う全ての方へ「日本語検定」

検定・雑学クイズに参加してみよう