個人事業者の所得税<延滞税>

起業支援クイズ 第2問

問題

個人事業者の所得税で税務署への申告が遅れた際に発生する延滞税が、納期限の翌月から2月以上経過した場合の税率は?

ヒントを開く

  • 【1】 7.3%
  • 【2】 10.0%
  • 【3】 14.6%

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】14.6%

 税金を期限まで納めない場合、延滞税がかかります。要は『金利』みたいなものです。その金利は、最初の2ヶ月間は少しだけ低めに設定してくれているのですが、その後はなんと、なんと、『14.6%』 とかなりの高金利です。

 本税を過去に遡って滞納していたことが判明した場合、
?普通に納めるべき税金 + ?過去の納めるべき税金 + ?延滞税等 = 納税 となります。
 ですから、毎期、申告と納税はちゃんと行いましょう。そしてその過程で、できる節税、経営戦略を練りましょう。

検定・雑学クイズに参加してみよう