個人事業を開始したら

起業支援クイズ 第1問

問題

個人で事業を開始した場合でも、○○○○は忘れずに行わなければなりません。正しいのは?

ヒントを開く

  • 【1】 税務申告
  • 【2】 取締役の選任
  • 【3】 株式発行

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【1】税務申告

 事業が黒字の場合に税務申告をしなければ、その後に調査などが行われ申告漏れを指摘されると、本来納める必要のあった税額に加えて追徴税(罰則金)が課されることとなります。
 事業が赤字の場合は、青色申告を選択をしていれば3年間、その後の利益と損失分を相殺することができます。
よって黒字でも赤字でも事業を開始した方はお忘れなく税務申告をすべきでしょう。また、その際には青色申告を選択することで税務上の特典を受けたほうがよいでしょう。
青色申告の届出は期限などがありますのでご注意ください。

検定・雑学クイズに参加してみよう