歯周病と全身疾患

歯科クイズ 第8問

問題

近年、全身疾患や生活習慣が歯周病のリスクファクター(危険因子)になることが明されてきています。次のうち、どれが一番悪影響でしょうか。

ヒントを開く

  • 【1】 喫煙
  • 【2】 糖尿病
  • 【3】 ストレス

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【1】喫煙

 歯周病は細菌の塊であるプラークが主要な原因ではありますが、他にも複合的な要因が重なって発生し進行を加速させます。 近年、全身疾患や生活習慣が歯周病のリスクファクター(危険因子)になることが解明されてきており、特に糖尿病や喫煙はハイリスクであるとの見解です。お口の中の病気である歯周病も、全身疾患や生活習慣との関連性を考慮した治療が必要とされます。

検定・雑学クイズに参加してみよう