FX取引での注文種類(1)

為替クイズ 第20問

問題

FX取引では便利な注文方法として、「○○円まで下がったら買い、○○円まで上がったら売る」 というような注文方法があります。この注文方法は何と言うでしょう?

  • 【1】 ABC注文
  • 【2】 IFD注文
  • 【3】 CFD注文

正解と解説

【2】IFD注文

発注の際、値段を指定せず注文するのは「成行注文」、値段を指定して注文するのが「指値注文」。 FX取引ではさらに便利な注文方法として、「○○円まで下がったら買い、○○円まで上がったら売る」 というような注文方法があります。この注文方法は「IFD(イフダン)注文」といいます。

例えば、1ドル=105円になったら買い(指値)、107円になったら売り(指値)という発注の設定が可能です。 思惑どおりに相場が動いた場合の「利益確定」や、パソコンの前にいられず、その間に相場が急激に動いて大きな損失を被らないための「損切り」にも有効な手段として利用できます。

一度に二つの注文を出して、最初の注文が約定したら二つめの注文が自動的に発動される注文方法です。 二つめの注文は、最初の注文が成約しない限り発動されることはありません。

他にも便利な注文方法がありますので、是非あなたのライフスタイルに合った取引の仕方を見つけてみてください。

★参考 FX初心者にもやさしい「外為オンライン」


検定・雑学クイズに参加してみよう