円高・円安ってなに?

為替クイズ 第3問

問題

「1ドル=120円」と「1ドル=100円」、どちらが円高の状態?

ヒントを開く

  • 【1】 「1ドル=120円」
  • 【2】 「1ドル=100円」

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】「1ドル=100円」

 外貨に対して円の価値が上がっている状態を「円高」といいます。また、その反対を「円安」といいます。それでは、「1ドル=120円」と「1ドル=100円」ではどちらが円高なのでしょうか。

 たとえば、1ドルのリンゴを買う場合、「1ドル=120円」の時は120円かかることとなります。しかし、「1ドル=100円」の時は100円で済みます。よって、「1ドル=100円」の方が円の価値が高い状態であるため、「円高」ということができます。
 外国為替取引は円高で買って、円安で売ることにより為替差益を得ることができます。

検定・雑学クイズに参加してみよう