ハウスのカレー物語(ホームカレー)

カレークイズ 第6問

問題

創業時代の商品「ホームカレー」は、大中小の3つのサイズで 販売されていましたが、大(50人分)は当時いくらだった?

ヒントを開く

  • 【1】 2銭
  • 【2】 1円25銭
  • 【3】 20円

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】1円25銭

ホームカレーは缶入りの粉末カレーです。当時の新聞広告によると、大中小の3つのサイズで販売されていました。大が50人分、1円25銭。中が25人分、70銭。小が10人分、30銭。(その後、浦上靖介商店で生産されたホームカレーは150gでした。木箱に5ダース入り。1人分9〜10g)

当時のカレーのイメージは、高級よりも「ハイカラ」なものとして知られていました。外で食べるカレーは、高いが見てくれよりも上手い物と子どもは思ったそうです。一般家庭にないメニューを売り込むのですから大変で、贅沢な人力車に乗って問屋に商売に行くこともありました。

★参考:カレーハウス「ハウスのカレー物語」

検定・雑学クイズに参加してみよう