反射材の効果

交通安全クイズ 第19問

問題

反射材は夜間の交通事故防止に有効です。反射材をつけている人は、ドライバーから何m離れていても見えると言われているでしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 約20m
  • 【2】 約70m
  • 【3】 約120m

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】約120m

 歩行者が夜間に見られる存在になるには反射材がおすすめです。反射材をつけている人はドライバーから約120m離れていても見えるという実験結果があります。反射材は、自ら光は出しませんが、車のライトなど当てられた光を光源に向けて反射させます。車のヘッドライトは通常下向き。光が最初に当るところは足元なので、反射材を靴の裏やかかとなどに貼ると効果的です。


★参考: 「高齢者」のために「ドライバーの方々にできること」

検定・雑学クイズに参加してみよう