財産分与について

法律クイズ 第12問

問題

Aさんは夫と離婚する事になり財産分与をします。離婚前に別居期間があり、夫にはその際に築いた財産があります。これは財産分与に含まれるでしょうか?

ヒントを開く

  • 【1】 含まれる
  • 【2】 含まれない
  • 【3】 一部含まれる

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】含まれない

 財産分与にあたる財産とは、特有財産以外の共有財産、実質的共有財産を指します。現金・預貯金、土地・建物などの不動産、家財道具、自動車、有価証券、生命保険金など、婚姻期間中に形成したものすべてが当てはまります。
 独身時代に預金をしていた場合や今後相続する予定の財産がある場合は、「特有財産」にあたるので、財産分与の対象には含まれません。離婚前の別居期間内に築いた財産も財産分与には含まれませんので、注意が必要です。
 また、共働き夫婦で生活費をお互いの収入に応じて出し合い、残りを各自が貯金していた場合、その貯金は「特有財産」となり、財産分与の対象にはなりません。


★参考: 離婚に関する知識│財産分与

検定・雑学クイズに参加してみよう