まんじゅうが日本に伝来したのはいつごろ?

小麦粉クイズ 第12問

問題

まんじゅうは、日本の代表的な和菓子ですが、もともとは、中国で作られたものでした。では日本に伝来したのはいつごろでしょうか?

ヒントを開く

  • 【1】 鎌倉時代
  • 【2】 飛鳥時代
  • 【3】 平安時代

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【1】鎌倉時代

 日本に最初にまんじゅうが伝えられたといわれるのは、鎌倉時代の1240年でした。宗から帰国した禅僧の聖一国師が甘酒をまぜて発酵させた「酒まんじゅう」とよばれるものです。
 まんじゅうの起源は古く、三国志の諸葛孔明(181〜234年)がマントウ(饅頭)の名の基になったと言われています。まんじゅうの歴史について解説のページで詳しくご紹介しておりますので、ぜひご覧になってください。


★参考: こうして生まれた 小麦粉料理

検定・雑学クイズに参加してみよう