パンが日本に伝わったのはいつごろ?

小麦粉クイズ 第1問

問題

小麦粉でできた代表的な食べ物の1つであるパン。では、パンが日本に初めて伝わったのはいつごろでしょうか?

ヒントを開く

  • 【1】 1543年
  • 【2】 1858年
  • 【3】 1874年

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【1】1543年

 パンが日本に伝わったのは1543年。種子島にポルトガル人が漂着したときに伝えられました。砂糖菓子などの金平糖などと同時期にパンはワインと並んで伝来しましたが、庶民の口に入るのは明治時代に入ってからでした。
 1874年(明治7年)に、酒種生地で小豆のあんを包んだ“あんぱん”の誕生を機に、日本独特の菓子パンが登場し始めました。


★参考: コムギンとクッキーの小麦ワールド第1回

検定・雑学クイズに参加してみよう