だがしかし

漫画クイズ 第116問

問題

小さな田舎町の駄菓子店「シカダ駄菓子」の店主である鹿田ヨウは、息子・ココノツの才能を見い出し駄菓子店を継がせようとしますが、そんな二人の目の前に駄菓子マニアの美少女が現れます。さて、その美少女とは誰でしょう?

日本の漫画「だがしかし」

ヒントを開く

  • 【1】 枝垂 ほたる
  • 【2】 遠藤サヤ
  • 【3】 玉井 たまこ

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【1】枝垂 ほたる

漫画「だがしかし」は『週刊少年サンデー』(小学館)より2014年30号から連載中のコトヤマの漫画作品。

見どころ


昭和時代を生きてきたあなたなら大好きだったはずの駄菓子。そんな昭和な人たちにおすすめの駄菓子コメディー漫画です。駄菓子をよく知らない平成時代の人にも今はなかなか手に入らない魅惑のお菓子「駄菓子」の魅力・豆知識が満載!
登場する駄菓子は、ほとんどが製造、発売元の企業の許可を得て、実名のままで登場しています。

漫画のあらすじ:Summary


舞台は、とある半島の海沿の田舎町にある駄菓子屋「シカダ駄菓子」。駄菓子店を経営する父・鹿田ヨウ(しかだよう)の息子・鹿田ココノツ(しかだここのつ)。小さな田舎町の駄菓子店だが、父のヨウは息子のココノツに駄菓子の才能を見出し、シカダ駄菓子店を継がせようとするが、ココノツの夢は漫画家になること。
そんなある日、都会の風を匂わせた美少女 枝垂ほたる(しだれほたる)が現れる。大手お菓子カンパニーの社長令嬢のほたるは、父のヨウをお菓子カンパニーへ引き抜くためにココノツに駄菓子屋を継がせようと奮闘する。

今までにない駄菓子をメインにしたストーリー。読みすすめているうちに駄菓子がモーレツに食べたくなる欲求必至です!

ebookjapanでは、「だがしかし」を電子書籍で読むことができます。詳しくはebookjapanのWebサイトへ!

★参考: ebookjapanで読める電子書籍|だがしかし

無料で読める電子書籍を毎週紹介