おそ松くん(イヤミの口癖)

漫画クイズ 第114問

問題

漫画『おそ松くん』で重要なキャラクターであるイヤミ。一人称は「ミー」、二人称は「チミ」と話し、語尾に「○○ザンス」をつけるのが口癖ですが、国民的な流行語になったギャグは次のうちどれ?

日本の漫画「おそ松くん」

ヒントを開く

  • 【1】 ニャロメ〜!
  • 【2】 シェー!
  • 【3】 これでいいのだ!

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】シェー!

漫画「おそ松くん」は赤塚不二夫のギャグ漫画で昭和時代の連載ヒット作品。六つ子である松野兄弟やその周囲の人間たちが織りなすドタバタを描いたギャグ漫画です。

当初は全4話の短期集中掲載の予定でしたが、多くの読者を魅了し週刊少年サンデー(小学館)で1962年〜1967年に連載されました。その後も週刊少年キング(少年画報館)やコミックボンボン(講談社)、テレビマガジン(講談社)にも連載されています。

第10回(昭和39年度)小学館漫画賞を受賞。連続テレビアニメが1966年と1988年の2度にわたって製作されて、月曜ドラマランド(一部のフジテレビ系列を除く)にて実写版も製作さました。 また、2015年にはおそ松くんを大人に成長させたテレビアニメ『おそ松さん』が製作され、放映されました。

この作品には、主人公の六つ子以外にもたくさんの個性的なキャラクターが登場しますが、その一人のイヤミは、名前の通り嫌味な男性で、一人称は「ミー」、二人称は「チミ」と話し、語尾に「○○ザンス」をつけるのが口癖です。
出っ歯につり目で特徴的な容姿をしていて、昭和生まれであれば誰もが知っている「シェー」と叫ぶギャグは国民的な流行語となりました。1960年代には、驚いた時に「シェー」と叫んでポーズを取る企画・番組が多く放送されています。

漫画のあらすじ:Summary


少年サンデーなどで連載され大人気を博した赤塚不二夫の代表作!!泣くも笑うも皆一緒、おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松の六つ子を筆頭に、チビ太やイヤミ、ハタ坊など個性豊かなキャラクターが所せましと暴れまわる!様々な雑誌に発表された作品を初出順に収録!!おそ松劇場、ここに開幕〜!!全17編収録。

ebookjapanでは、「おそ松くん」を電子書籍で読むことができます。詳しくはebookjapanのWebサイトへ!

★参考: ebookjapanで読める電子書籍 | おそ松くん

無料で読める電子書籍を毎週紹介