巻き爪の施術時間はどれぐらい?

フットケアクイズ 第50問

問題

ドクターネイル・爪革命では、爪の専門家であるシックネイルケアセラピストが「巻き爪」に対する施術を行っており、動画でも施術の様子をご紹介しています。では、巻き爪の施術を行う際の所要時間はどれぐらいでしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 3分前後
  • 【2】 15分前後
  • 【3】 40分前後

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】15分前後

「ドクターネイル・爪革命」及び「足のトラブル119番」の巻き爪に対する施術の所要時間は15分前後です。

巻き爪ケアの内容としては、まず専用の器具を使って湾曲して内側に巻き込んだ爪を優しく伸ばします。爪を健康な状態に矯正し、正常な状態に伸びるように促します。器具は2〜3週間に一度交換する必要があります。

爪が皮膚から離れた部分にフックをかけ、引っ張って器具を取り付けます。施術中も施術後も痛みがなく、その日からお風呂も入れます。引っかかりが無いようコーティングしますのでスポーツも可能です。

◆夏の巻き爪にご注意ください!
夏は素足でいる機会が増えます。海水浴やプールなど、雑菌が多いところを素足で歩くことも良くあるでしょう。

巻き爪の初期の段階ではまだ食い込みもそれほどひどくありませんが、雑菌がはいることにより、炎症を起したり、腫れてしまうこともあります。

肉に爪が食い込んでしまうと痛みがあるだけでなく、夏の雑菌によりさらに化膿する原因になりますので、靴下をはいたり、足を常に清潔に保つことが必要です。

足の爪の傷みがあると、歩き方がおかしくなったりしてヒザや腰にも負担がかかる場合があります。サンダルだと痛くないからいいや、と軽く考えず、ブーツの季節になる前に色々対応してみてくださいね。

★参考: 巻き爪の対処と予防 | ドクターネイル・爪革命


奇跡のフットケアドクターネイル