100%石油外天然資源タイヤ

タイヤクイズ 第143問

問題

ダンロップは「タイヤが地球環境のために貢献できること」をテーマに、さまざまな取り組みを行っています。クルマの燃費をよくする「低燃費タイヤ」の開発。さらには、世界初(※)の100%石油外天然資源タイヤを開発しました。では、この「100%石油外天然資源タイヤ」の特徴とは何でしょうか?

ヒントを開く

  • 【1】 高品質な石油を100%使っているタイヤ
  • 【2】 天然ゴムを100%使ったタイヤ
  • 【3】 石油・石炭などの化石資源を一切使っていない

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】石油・石炭などの化石資源を一切使っていない

100%石油外天然資源タイヤとは、近い将来枯渇してしまう恐れのある石油・石炭などの化石資源を一切使用しない地球にやさしい低燃費タイヤです。

これまでの一般的なタイヤには、石油に由来した合成ゴム・合成繊維・鉱物油などの材料が多く使われていました。

ダンロップは100%石油外天然資源タイヤの開発にあたり、石油由来材料を天然の素材に置換えたり、天然素材を改質して置換えたり、存在しなかったものを創成して置換えたり、化石資源に頼らない素材開発を続けてきました。

そしてついに、石油・化石などの「化石資源」を「天然資源」に置き換える技術によって世界初(※)100%石油外天然資源タイヤを開発し、2013年には「エナセーブ100」を発売しています。

※合成ゴムが主流になって以降(ダンロップ調べ)

★参考: 100%石油外天然資源タイヤ|ダンロップ