高齢歩行者の交通事故について

交通安全クイズ 第183問

問題

平成27年の交通事故死者数を年齢層別・状態別にみると、高齢者(65歳以上)では歩行中が最も多くなっています。このうち、横断歩道以外の場所を横断して死亡した高齢歩行者側の違反として最も多い違反は次のうちどれでしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 斜め横断
  • 【2】 走行車両の直前・直後の横断
  • 【3】 駐車車両の直前・直後の横断

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】走行車両の直前・直後の横断

横断歩道以外の場所を横断して死亡した高齢歩行者側の違反として最も多いのは「走行車両の直前・直後の横断」で42%を占めています。これを含め78%が違反行為をしており、死亡事故につながっています。

一方、クルマの運転者側の違反は「前方不注意」や「安全不確認」が大半を占めています。このように、すべての運転者が横断する歩行者を認識できているとは限りません。

走行車両の直前・直後での横断は控え、左右からクルマが来ていないことを確認してから、横断を開始するようにしましょう。

★参考: SJ(セーフティージャパン) | HONDAの交通安全情報紙