お子様を事故から守るために

交通安全クイズ 第181問

問題

交通事故のデータを見ると自宅から500m以内、つまり、自宅の近くの道路で死傷事故が多く発生していることがわかります。なかでも、歩行中の死傷者数は○歳児が突出しています。さて、何歳でしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 5歳
  • 【2】 7歳
  • 【3】 9歳

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】7歳

歩行中の死傷者数は、小学校入学直後の7歳児が突出しています。12歳以下の歩行者事故の原因で一番多いのが「飛び出し」です。

道路の反対側に友だちがいたり、興味を引くようなものがあると、子どもは夢中になってかけ出してしまうことがあります。

また、校門や公園、家やお店から外に出るときも、思わず飛び出してしまうことがあります。特に5〜8歳の男の子3人に1人は道路を走って渡っているというデータもあり、飛び出しにつながる可能性が高いといえます。

小学校入学前にお子さまの交通安全に対する意識を高めることはとても重要です。Hondaの交通安全WEBサイトを是非ご活用ください。

★参考: お子さまを身近な交通事故から守るために伝えたい3つのやくそく|Hondaの交通安全