グリップを高める新パターン設計

タイヤクイズ 第128問

問題

WINTER MAXX 02 で採用されている新開発の「MAXXグリップパターン」は、凍結路面へのグリップを高め、氷上性能を向上させています。
では、タイヤが地面と接触するトレッドパターンが、どのように改良されているのでしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 「シリカ」が大きくなった
  • 【2】 トレッドがブロック型になった
  • 【3】 「MAXXシャープエッジ」が増量された

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】「MAXXシャープエッジ」が増量された

新しいスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02」では新開発の「MAXXグリップパターン」によって、凍結路面へのグリップを高めることに成功しました。

当社従来品である「WINTER MAXX 01」との比較において「MAXXシャープエッジ」を17%増量(※)させることにより、氷に対するひっかき成分が増加し氷上性能を向上させています。

※従来品(WINTER MAXX 01)との比較において。(タイヤサイズ:205/55R16 91Q)

★参考: ダンロップ史上No.1の氷上性能を実現|ダンロップ

ダンロップのスタッドレスタイヤ