巻き爪ケアヘルパー2級講座

コ・メディカルクイズ 第7問

問題

巻き爪ケアヘルパー2級講座では、巻き爪ケアに関する基礎を学びます。巻き爪の予防法、軽度の巻き爪の処置を習得できます。では、この認定講座の受講日数は何日でしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 1日間
  • 【2】 2日間
  • 【3】 3日間

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】2日間

巻き爪ケアヘルパー2級講座では、2日間の受講期間で巻き爪ケアに関する基礎を学びます。また、巻き爪の予防法、軽度の巻き爪の処置を習得できます。

近年、介護予防の観点からフットケアの重要性が高まっています。巻き爪などの足爪トラブルによる痛みや支障があると、歩かない様になってしまいます。加齢によって巻き爪や魚の目などは発生しやすくなりますが、足のトラブルを放置していると寝たきりになりやすい事が分かっているのです。

足のなんらかのトラブルを抱えていたら、元気よく足を上げて歩行することは難しくなります。その結果、外出を控えたり、転倒したりと、自立を妨げる原因になるのです。

そのような背景から、老人ホームや訪問マッサージのサービスにおいても足爪のトラブルを解決するサービスとして巻き爪ケアが行えることは今後大きなメリットになります。

顧客満足度を高めると当時に、介護予防にも役立つ巻き爪ケアを学んでみませんか?

★参考: 巻き爪ケアヘルパー2級講座 | ICHA