DHAを関与成分とする食品として初めて

さかなクイズ 第116問

問題

「生涯健康計画」を提唱するマルハニチロより、DHAを関与成分とする食品として初めて、認知機能をうたった機能性表示食品「DHAのチカラ フィッシュソーセージ」が2016年4月に新発売されます。では、機能性関与成分であるDHA は、1本(50g)あたり何mg含まれているでしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 1本(50g)あたり50mg
  • 【2】 1本(50g)あたり500mg
  • 【3】 1本(50g)あたり880mg

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】1本(50g)あたり880mg

マルハニチロ株式会社(本社所在地:東京都江東区、代表取締役社長:伊藤滋)は、「DHAのチカラ フィッシュソーセージ」を、2016年4月4日(月)より、全国で新発売いたします。

マルハニチロでは業界に先駆けて魚由来の健康栄養素であるDHA(ドコサヘキサエン酸)研究に取り組み、フィッシュソーセージに精製魚油を添加する技術をいち早く確立。DHAを関与成分とするフィッシュソーセージとして業界初となる特定保健用食品「DHA入りリサーラソーセージ」(2005年発売)、同じく業界初の機能性表示食品「食事でサポート フィッシュソーセージ」(2015年発売)を開発し、常にフィッシュソーセージ市場をけん引してまいりました。

そしてこのたび、DHAを関与成分とする食品として初めて、認知機能の⼀部である、数・ことば・図式・状況などの情報の記憶をサポートする機能をうたった機能性表示食品「DHAのチカラ フィッシュソーセージ」を開発いたしました。

当社は現在、「生涯健康計画」を提唱しております。長年続けてきたDHA研究をさらに推進し、魚由来の健康栄養素を基軸にした毎日おいしく食べていただける商品の研究・開発・提供を通じて、みなさまの生涯の健康をサポートいたします。

★参考: DHA初の"認知機能"受理、機能性表示食品「DHAのチカラ フィッシュソーセージ」