DHAを多く含む缶詰

さかなクイズ 第115問

問題

魚の種類によってDHAの含有量には大きな差があります。次の中で、可食部100gあたりに含まれるDHAの量が最も豊富な缶詰は?

ヒントを開く

  • 【1】 さば水煮缶詰
  • 【2】 いわし水煮缶詰
  • 【3】 からふとます水煮缶詰

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【1】さば水煮缶詰

DHAが多いのは、イワシやサバなどのいわゆる青い背の魚(青魚)です。 中でも、手軽に摂取できる加工食品としてはお魚の缶詰が最高です。文部科学省「日本食品脂溶性成分表」に基づいた一般的な缶詰についての計算値では、 可食部100gあたりに含まれるDHAの量は次の様になっています。

さば水煮缶詰・・・ 1300 mg
いわし水煮缶詰・・・ 1200 mg
さば しめさば・・・ 2600 mg
いわし かば焼 缶詰・・・ 1400 mg
さんま かば焼 缶詰・・・ 1200 mg
さんま 味付 缶詰・・・ 1700 mg
からふとます 水煮 缶詰・・・ 530 mg

※文部科学省「日本食品標準成分表 2015年版(七訂)脂肪酸成分表」に基づいた一般的な缶詰についての計算値です。

「さば水煮」「さば味噌煮」「さんま蒲焼」「いわし味付」などは、原料そのものにDHAが多く含まれています。 缶汁の中にもDHAがたくさん含まれているので、調理方法を工夫して、捨てずに利用するようにしたいものです。

★参考: DHAを豊富に含む食材