芥川龍之介賞受賞作「火花」

漫画クイズ 第68問

問題

現役人気お笑いタレントの手がけた純文学小説として話題を呼び、第153回芥川龍之介賞受賞作となった「火花」。この中編小説が最初に掲載されたのは?

ヒントを開く

  • 【1】 新潮(新潮社)
  • 【2】 すばる(集英社)
  • 【3】 文學界(文藝春秋)

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】文學界(文藝春秋)

小説「火花(ひばな)」は、「文學界」(文藝春秋)の2015年2月号に掲載された又吉直樹の中編小説です。

現役人気お笑いタレントの手がけた純文学小説として話題を呼び、文芸誌である同誌が増刷されるヒットとなったほか、第28回三島由紀夫賞候補作、第153回芥川龍之介賞受賞作となり、内容面でも高い評価を得ています。

◆あらすじ
笑いとは何か、人間とは何かを描ききった又吉直樹のデビュー小説。
売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。そのお笑い哲学に心酔しつつ別の道を歩む徳永。二人の運命は。

ebookjapanでは、「火花」を電子書籍で読むことができます。詳しくはebookjapanのWebサイトへ!

★参考: 電子書籍で読める小説|火花

無料で読める電子書籍を毎週紹介