石をも噛み砕く歯を持つ魚「イシダイ」

さかなクイズ 第100問

問題

硬いフジツボ、ヤドカリ、ウニ、貝類などを砕いて食べるイシダイ。釣りの醍醐味からついた異名とは?

ヒントを開く

  • 【1】 硬いシマウマ
  • 【2】 暴れウマ
  • 【3】 磯の王者

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】磯の王者

石をも噛み砕く歯を持つ魚イシダイは、釣りの醍醐味から「磯の王者」という異名があります。
若魚をシマダイ(縞鯛)、サンバソウ(三番叟)、老成したオスをクチグロ(口黒)とも呼びます。

北海道南部から九州までの全国各地の磯や浅い岩礁に消息しています。歯が癒合して頑丈なくちばしの様な形になっており、硬いフジツボ、ヤドカリ、ウニ、貝類などを砕いて食べます。幼魚期には体側に7本の黒い横縞がありますが、成長とともに不鮮明になり全体的に黒ずんできます。

身は淡白で締まっていて、刺身、洗い、寿司ネタ、焼き物、揚げ物、煮物、鍋物など万能に美味しく食べられます。残った皮も味が良く、熱湯をかけた皮霜造りで食されます。旬は夏から秋。

★参考: イシダイ|おさかなギャラリー