中国の小麦粉料理

小麦粉クイズ 第42問

問題

元々は天秤棒を担って売り歩いていた屋台的な食べ物で、汁は無く、ラー油たっぷりの辛味ダレで和えて食べる汁無しの四川の麺料理とは何でしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 クッパ
  • 【2】 麻婆麺
  • 【3】 坦坦麺

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】坦坦麺

正解は坦坦麺です。

四川料理は米作や野菜などの実り豊かな西の土地で栄えた料理。高温多湿であることから食欲増進作用のある花椒(中国の山椒)や唐辛子といった辛いスパイスを使った料理が定着したといわれています。おなじみは“麻婆豆腐”。日本の感覚で言うと豆板醤などの唐辛子で辛く味付けされた料理のイメージかもしれませんが、本場のものは何と言っても花椒がよくきいています。料理名の麻(マー)は舌をしびれさせる辛さを表す花椒を指します。

“坦坦麺”も四川料理のひとつ。日本ではごまたっぷりの辛めのスープに挽肉がのったラーメン感覚の食べ物のイメージでしょうが、元々は天秤棒を担って売り歩いていた屋台的な食べ物でした。ですから汁は無く、ラー油たっぷりの辛味ダレで和えて食べる汁無しの麺料理なのです。


★参考: 世界の小麦粉料理