モロッコの小麦粉料理

小麦粉クイズ 第39問

問題

世界の小麦粉料理で紹介している“ケフタタジン”は、モロッコでよく食べられている料理のひとつ。“ケフタタジン”を食べるときは“ホブス”と言うアラビアパンを何かの代わりにして食べます。さて、どうやって食べるでしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 ホプスをコップの代わりにする
  • 【2】 ホブスをナイフの代わりにする
  • 【3】 ホブスをスプーンの代わりにする

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【3】ホブスをスプーンの代わりにする

中がポケット状(空洞)になっていて、具をはさんだりして、サンドイッチのようにして食べられるピタパンは日本でもメジャーなパンです。
ピタはヘブライ語でアラブ人のパンという意味。元々は中近東の円型の白い平焼きパンのことを言います。円形状の平らなパンのことを総称で“アラビアパン”とガイドブックにはよく紹介されていますが、国によって呼び方が違い、材料や焼き方も少しずつ違うようです。 モロッコではこのアラビアパンを“ホブス”と言い、主食としてよく食べます。

世界の小麦粉料理で紹介した“ケフタタジン”は、モロッコでよく食べられている料理のひとつ。トマトベースで日本人の味覚にも良く合う料理です。ケフタタジンを食べる時は“ホブス”をスプーン代わりにして頂きます。


★参考: 世界の小麦粉料理