非常時の水の確保「水の汲置き」

水・浄水器クイズ 第9問

問題

万が一の災害の発生に備えて、水のくみ置きをする場合には、どの水が良い?

ヒントを開く

  • 【1】 煮沸した水
  • 【2】 水道水
  • 【3】 浄水器を使った浄水

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】水道水

万が一の災害の発生に備えて水のくみ置きをする場合には、水道水を蛇口から直接容器へ注ぎ、塩素を残すのがポイントです。

水道水には消毒用の塩素が含まれていますが、沸かしてしまうと水道水中の塩素が減ってしまいますし、浄水器を使うと塩素を除去してしまう事があります。

災害に備えて水道水をくみ置きして利用するコツ


清潔でフタのできる容器(ペットボトル、水筒など)に、できるだけ空気に触れないよう口元までいっぱいに入れ、水をくんだ日付を記入しておきましょう。

くみ置きした水を飲む時には、雑菌が入らないように直接口をつけず、コップなどに注いでから飲むようにしましょう。除菌ができるポット型浄水器でろ過するのもいいですね。

直射日光を避けて涼しい場所に保管すれば3日程度、 冷蔵庫に保管すれば10日程度、消毒用の塩素の効果は持続します。

★参考: 水のまめ知識|クリンスイ