ドラゴンボール 孫悟空修業編(1)

漫画クイズ 第7問

問題

主人公である孫悟空が、育ての親である孫悟飯の形見として大切に持っていた球は何だったでしょう?

ヒントを開く

  • 【1】 一星球(イーシンチュウ)
  • 【2】 四星球(スーシンチュウ)
  • 【3】 七星球(チーシンチュウ)

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】四星球(スーシンチュウ)

ドラゴンボール(DRAGON BALL)は、鳥山明による日本の漫画作品です。週刊少年ジャンプ(集英社)にて1984年51号から1995年25号までの約10年半にわたって連載されました。

あらすじ

ある日、地球の人里離れた山奥にひとり暮らす無邪気な少年・孫悟空は、西の都からやって来た「ドラゴンボール」を探す少女ブルマと出会います。

孫悟空は、7つ集めると神龍(シェンロン)が現れどんな願いでも一つだけ叶えてくれる「ドラゴンボール」の存在と、育ての親(孫悟飯)の形見として大切に持っていた球がその1つ「四星球」(スーシンチュウ)であることを知り、ブルマと共に残りのドラゴンボールを探す旅に出かけます。

この2人の思いがけない小さな出会いから、奇想天外で摩訶不思議な大冒険が始まります。

ebookjapanでは、ドラゴンボール「孫悟空修業編」を電子書籍で読むことができます。詳しくは公式Webサイトへ!

★参考:電子書籍で読める漫画|ドラゴンボール

無料で読める電子書籍を毎週紹介