相続人が相続するもの

法律クイズ 第23問

問題

遺産相続の際、相続放棄を選択する事もできますが、自分が相続人になったことを知ってから何ヶ月以内に家庭裁判所への申し出が必要?

ヒントを開く

  • 【1】 1ヶ月
  • 【2】 3ヶ月
  • 【3】 6ヶ月

ヒントを見てから回答してね!

正解と解説

【2】3ヶ月

 被相続人の財産上の権利義務すべてが、原則として相続の対象となります。ですのでプラスの財産(現金や不動産等)だけではなく、被相続人のマイナスの(借金等)も相続の対象なります。
 
 そこで相続をしたくない場合には相続放棄をすることができます。また相続によって得た財産の範囲内で借金を払うことを条件に相続することもできます。これを限定承認といいます。相続放棄や限定承認を適用する場合は、自分が相続人なったことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所への申し出が必要となります。この申し出をしない場合には、プラス・マイナスのすべての財産を無条件で相続することになります。これが単純承認です。


★参考: 相続人が相続するもの

検定・雑学クイズに参加してみよう